破砕と分別ができるパワフル産廃処理機械|処理費用が大きく減らせる

工場

丁寧な処理方法

作業員

建物の建設を行なう場合、産出されたガレキを選別して処理しなければなりません。産業廃棄物はかならず無害な状態で処分しなければならないので、ガレキ選別と処分は建設会社に一任されます。建物を建てるとなると、かならず初めにあった建物を取り壊すため、取り壊した後のガレキ処分を行ないます。大量のガレキの中には、コンクリート材やガラス、断熱材など、さまざまな物質が混ざった状態となります。それらを処分する場合、一つ一つを選り分けた状態でなければうまく処理することができないのです。ガレキ選別を行なう場合、あらかじめ建設会社が保有するガレキ選別のための機器を使用するか、処分をすべて請け負う会社に委託する必要があるでしょう。ガレキ選別と処分を請け負う会社では、ダンプカーなどで運びだされた大量のガレキをすべて選別、処分してくれるので、処分の機器を保有していない会社などは利用ができるでしょう。

ガレキ選別と処分を請け負う会社では、たくさんの素材と土砂が混じったガレキを丁寧に処分します。ベルトコンベアーに乗せ、振動ふるいや風力を用いて素材の重量ごとに選り分けます。また、機械を使用した後は、処分を行なう職員の人が丁寧に手作業で残ったガレキなどから選別を行なうので、正確な分別と処分を行なうことができるのです。可燃物はそのまま焼却処分を行ないますが、リサイクルできるものはすべて会社で加工を行ないます。ガレキ選別によって分別されたコンクリートや鉄、石膏ボードなどはそれぞれ加工され、あらたな建築素材として再利用されます。プラスチックは破砕し、固形燃料などに利用されるようになるのです。古い建物を取り壊した際、気になるのがアスベストなどの非常に有害な物質でしょう。アスベストの処分は勝手に行なうと処罰の対象となりますが、ガレキ選別などの処理を行なう会社ならば、アスベスト処分の資格やノウハウも有しているので、安心して任せられます。