破砕と分別ができるパワフル産廃処理機械|処理費用が大きく減らせる

工場

自社で分別も行なえる

ヘルメット

土砂やガレキ、さらにはガラスやプラスチックなど、建設現場からだされた混合廃棄物はさまざまな物質を含んでいるものです。これらの廃棄物は処理を施して適切に埋め立てるか、可能な限りリサイクルを行なうかのどちらかによって処理を行なう必要があります。混合廃棄物の処理を行なう場合、廃棄物の処理をすべて行なってくれる会社に委託するか、建設会社があらかじめ分別を行ない、選り分けられた廃棄物を処理会社へ持ち込むかの二択となります。後者であれば分別の手間も省けるので、処理を行なう会社を利用した場合にも格安で利用できるのです。混合廃棄物の分別を行なえる機械は多くあり、購入するかレンタルによって利用することができるでしょう。

混合廃棄物の処理を行なえる機械といえば、振動ふるい機が挙げられます。混合廃棄物を振動によって揺すり、微妙な比重の違いから素材ごとに選り分けることができます。建設現場であらかじめふるい機を使用して選り分ければ、分けられた廃棄物をそのまま処理を担当する会社に運びこめばよいので、手間も掛けず安く処理ができるでしょう。振動ふるい機のほか、土台をスイングさせて分別を行なうスイングスクリーンや磁選機など、混合廃棄物を分別できる機器は多く存在します。多くの人はこれらの機器は大型であるため、設置場所や費用の問題から購入することができないものと考えます。しかし最近では、小型で移動もさせやすい選別機器も多く存在するので、建設現場に持ち込むことで解体作業と平行しながら廃棄物処理を行なうこともできるのです。