破砕と分別ができるパワフル産廃処理機械|処理費用が大きく減らせる

重機

処理費用を安く抑える

工事現場

建設現場において懸念とされる問題の一つが、産廃の処理方法です。建物を建てるとなると、初めにあった建物の取り壊しを行なうためどうしても大量の廃棄物が現れてしまいます。これらの処分は費用も掛かってしまうので、多くの建設会社はどのように処分費用を安く抑えるべきか考えるものなのです。処理を全て行なってくれる会社も多くの地方に存在しますが、多くの工程から産廃の分別を行ない、リサイクル処理まで行なうため、産廃処理を依頼した場合多くの費用が掛かってしまいます。そこで、お金を掛けない処理として挙げられる方法が、産業廃棄物の処理を行なう機器の導入です。多くの土砂やガラスなどが入った混合廃棄物は、一見して専用の機器を使用しなければ分別が難しいように思えます。しかし、それらガレキ選別を行なえる機器は専門の会社から取り寄せることができるので、利用することにより安く処理を施すことができるでしょう。

産廃のなかには、建物の取り壊しによって現れた大きなセメントや石膏ボードの塊や、初めから土地にあった自然石などが含まれています。産廃処理を行なう場合、まずこれらの大型の廃棄物を破砕し、専用の機器を用いて分別処理を行なう必要があるでしょう。産廃処理用の機器を扱う埼玉の会社では、ハンマー式の打撃破砕機を取り扱っています。この機器を使用することで、大型のセメント片や堅牢な岩石を簡単に砕くことができるでしょう。破砕機と合わせ、ふるい機やスクリーンなどを利用することで、さらに細かな分別が可能となります。処理費用を押さえたい建設会社だけでなく、廃棄物処理を専門に行なう会社でも、サブの分別処理機器として購入することもできるでしょう。

安全に処理してくれる

作業員

工事現場や工場で産出された産業廃棄物は、適切に処理しなければ法的に罰せられる恐れがあります。安全に無害化処理を行なうには、処理を専門に行なう埼玉の会社に依頼しましょう。無害化処理を施し、リサイクルしてくれるため、環境保全に貢献してくれます。

丁寧な処理方法

作業員

建物を取り壊した際に産出される大量のガレキは、処分する場合にきちんと物質ごとにより分けて処理しなければなりません。ガレキ選別を行なう会社に委託すれば、素材ごとのリサイクルを行なうほか、危険なアスベスト処理もすべて行なってくれます。

自社で分別も行なえる

ヘルメット

解体作業中に産出された混合廃棄物は、処理を行なう工場へすべて委託するか、あらかじめある程度の分別を行ない、処理を行なってもらう方法の2つがあります。小型のふるい機やスクリーンなど、安く移動もさせやすい分別処理機もあるので、利用ができます。